安い自動車保険

安い自動車保険の探し方|保険料を安くするポイント!

見直しで自動車保険をより安い料金に!

補償内容 保険会社 この2つを見直す事が、より自動車保険料を安くするためのポイントです。

さっそく、このポイントについて掘り下げて説明していきます!

補償内容を見直す

”必要な補償はシッカリ付けて、不要な補償は外す”
このルールが守られている内容に見直していきましょう!

そのためにも、以下の補償内容に関する解説に目を通して、付けるべき補償・外すべき補償を見極めて下さい。

必ず付ける補償
対人・対物賠償
絶対に無制限にしましょう!

事故のケースによっては、億単位の損害賠償責任が生じる事があります。
限度額有りにすると、万一の場合取り返しのつかない事になります。

人身傷害補償
最低5000万円を目安にしたい所です。
世帯主の方の場合は、万一を考えて無制限が望ましいです。


必要に応じて付ける補償
車両保険
低年式車・過走行車など、市場価値の低い車の場合、無しでも構いません。

購入して間もない車や、高級車は一般タイプ、ややそれより価値が落ちる車はエコノミータイプ、それより価値が落ちる車は、車対車・・・
といったように、車の価値に見合ったタイプの車両保険を選択しましょう。

搭乗者傷害保険
他人を乗せて運転する事が多い方には、付けておくべきでしょう。

弁護士費用特約
こちらの自己の責任がない、もらい事故を受けた時、示談交渉を弁護士への依頼費用・起訴費用が支払われます。
予算に余裕があれば付けたい補償です。

ロードサービス
ほとんどの保険会社に付いていますが、JAFに加入していない方は、必ずこの特約がある事を確かめて下さい。

他車運転危険保証特約
他人の車を運転している際に起こした事故による損害に対して、保険金が下りる特約です。
他人の車を運転する機会が比較的多い方にとっては、重要度が高い特約です。


この他、地震やゲリラ豪雨による車の損害に対する補償など、様々な内容のものがあります。

自分の運転状況や経済力、地域の特性、乗っている車の価値など、様々な要素を考慮して、補償内容の見直しを行ってみてください。

ただし、料金節約のために、必要な補償まで外してしまうという事だけは、絶対に避けて下さい!


保険会社を見直す


補償内容を、これ以上見直す余地がない・・・

そんな時でも、保険会社を見直し、一番安い自動車保険に加入する事で、自動車保険料を安くできる可能性は大いに有ります。

ベストな保険会社に加入してるという方は、以外に少ないものです。
どういった事か、以下の項目でより詳しく説明します。

一番安い自動車保険会社の探し方

保険会社によって、特約割引制度は異なります。

ですから、補償内容も乗っている車も全く同じでも、20代と30代の人では、一番安い自動車保険会社が違う、というような事があります。

毎年変わる
  • 等級
  • 加入者の年齢
  • 自動車の年式
この3つも、自動車保険料に大きく関わってきます。

ですから、どんな方でも、必ず満期前に、保険会社の見直しをして、最安値の保険会社がどこか知る必要があります。

見直しのタイミングは、車を買い替えたタイミングだけではない、という事なのです。

一括見積もりで最安値の保険会社を探す
自動車保険会社の数は何十とあります。
その中から、自分にとって最安値となる保険会社を探すためには、一括見積もりサービスを活用して下さい。

一括見積もりは、加入者の情報や、希望補償内容などを一度入れて登録するだけで、多数の保険会社に見積もりが頼めます。

見積もり結果は、ウェブや郵送によって通知されますから、自宅に居ながら多くの自動車保険会社の見積もり料金比較が簡単に行えるという、とても便利なサービスです。

比較の結果、最安値となる保険会社を見つけて乗り換えれば、保険料金が節約できる・・・という仕組みです。

なお、このサービスは、完全に無料で利用する事ができます。


おすすめの一括見積もりサービス

保険会社の見直しならズバット自動車保険比較

無料の一括見積もりサービス・ズバット自動車保険比較は、以下の画像の通り、簡単な情報入力(所要時間約5分)を行うだけで、登録完了。
その後、最大で加盟している20社からの見積もり結果がわかります。



なお、加盟会社は アメリカンホームダイレクト アクサダイレクト SBI損保 ソニー損保 損保ジャパン といった、一流の自動車保険会社です。



ズバット自動車保険比較は、
  • コストカットにより保険料が安いダイレクト型の保険に的を絞れる
  • 厳選された質の高い保険会社をしっかり比較できる
ため、手軽でありながらも、保険会社を見直すためには、ベストとも言えるサービスです。

その根拠として、
どれだけ節約となったかをアンケート調査したところ、
利用者の10%が5万円以上 14%が3~5万円未満 15%が2~3万円未満 25%が1~2万円未満 36%が1万円未満 
という結果が出ています。

平均すると、25,000円安くなったという結果です。

310万人以上に利用された実績、東証マザーズ上場企業のウェブクルーが運営しているという事もあり、信頼性は非常に高いです。



関連テーマサイトへ移動